風俗嬢と補正下着

補正下着の種類

補正下着と聞くと、いくつかの補正下着がセットになっていて、専門のショップで購入するものと思っていませんか、しかし最近では最近では、質の良い補正下着が一般のショップでも購入することが出来るようになりました。

 

 

自分の思い通りの体型を、手軽に手に入れることができる「補正下着」には、どんな種類があるのでしょうか。

 

 

補正下着と言えば誰でも思い浮かべのがガードルでしょう、ガードルはヒップのタルミや垂れを抑える役目で普通に使用されていますが、お腹全体をカバーするタイプのガードルは、保温効果も高いので、生理の時などにお腹の冷えを予防する目的で使用している人もいます。

 

ということもあって、巣鴨 風俗求人の某人妻店では、ほとんどの女の子が使っているそうです。

 

 

ガードルを使用するときにサイズダウンだけを考えて、あまりにも窮屈なサイズのガードルを選んでしまうと、着用している時にお腹が苦しくなってしまったり、ガードルに押しのけられたウェストの脂肪が盛り上がってしまって、逆に二段腹の原因になってしまうこともあります、自分の体型にあったガードルを選んで使用していれば、お腹が苦しくなることもありません。

 

 

またガードルと合わせて使用すると、ウェストをスリムにする効果の高いのがウェストニッパーです、ただしこの場合も自分の体型にあったサイズのものを使用していないと、本来の補正効果が得られないだけでなく、胃下垂や腰痛の原因になることもありますから、補正下着のショップできちんとフィッティングしてから購入するようにしてください。

 

 

このガードル&ウェストニッパーは接客業や風俗店の女性にファンが多いのですが、ストレスのために胃下垂になりやすいと言う人にもおすすめです。

 

先日、秋葉原 デリヘルに取材に行ったとき、若い女の子が使っていて笑ってしまいましたが、胃下垂対策だといっていました。

 

補正下着を着用する場合、先ほどお話したように、体につける順番を間違えてしまうと、補正効果を期待することができません。

 

 

一般的な補正下着の身につけ方としては、まず最初に、ガードルを下から上に巻き上げるようにして履いた後で、ウェストニッパーを下のホックから順番に止めていくことになります、この順番で装着するとウェストが安定して腰痛の予防効果もあります。

 

 

次にご紹介するのはブラジャーです、ただし通常のブラジャーの形とは少し違っているものが多いので、いつものように手軽に使用することが出来ないと思うかもしれませんが、補正下着のなかでもファンが多いのがこのブラジャーなのです、何がそんなに人気があるのかというと、補正下着のブラジャーは脇腹などの余分な脂肪をバスとの位置に固定しておくホールド機能が高いために、もとのバストサイズから2カップもサイズアップすることが出来てしまうこともあるのです。
これは越谷 風俗求人のお店の女の子に教えてもらいました。

 

ただし、補正下着のこれらの効果は使用方法を正しく行うことで効果が期待できるものなので、必ず補正下着を購入したショップで着用方法の指導を受けてきちんと着用するようにしてください。

 

風俗で働く女の子も、いろいろと努力をしているんですよ。最後に男性向けの情報はこちらの風俗情報サイトでどうぞ。